FC2ブログ

位牌堂

本当によく降り続く雨ですね。

先月、市内のある寺院に位牌堂の増築工事をさせていただきました。


IMG_3734.jpg



DSC_1687.jpg




このお寺の檀家の位牌を安置する所ですが、
ハスの花をアレンジした形でしょうか、
仏様らしい彫刻を48ヶ所入れた棚です。

DSC_1691.jpg


DSC_0001_BURST20200619140630940.jpg




普段の仕事より少し変わる部分もありましたので、それなりに大変でした。

家族葬とか墓しまいとかで、先祖を敬う気持ちや考え方が薄れていく
今の風潮からすれば、大変良い事だと思います。

先祖に手を合わす時の気持ち
この時が人間として一番美しい気持ちの瞬間ではないでしょうか。
そして、絶えずこの気持ちで居られる人は、
みにくいもめ事、争い事も少ないと思います。

                             合掌
スポンサーサイト



S様邸地鎮祭

先日、梅雨空の下、真備町で地鎮祭を行いました。

このお宅は、おととしの水害では甚大な被害に遭われ、
建て替えを余儀なくされました。

そして、この度何かとお世話をして下さっている
〇〇の美人スタッフ3人にもお忙しい中を参列して頂きました。


この日の神主は、私が務める事になり略式ながらも滞りなく終わりました。


IMG_4388.jpg



IMG_4395.jpg



地鎮祭とは、土地の神様にその土地を使わせてもらう許可をもらい、
工事の安全と御当家の安泰を祈念する儀式です。


この日は、全員の方が土地を守っているやおよろずの神様たちと
交わう事ができ、心が洗われた1日となりました。

おめでとうございます。

タルキ

GWも明けて、すっかり夏の陽気になりました。

今、進行中の新築の現場ですが、今では珍しいタルキが丸見えの家をしています。
タルキとは、屋根を支える軒の6㎝角位の部材の事です。

普通はボード等を張るので出来上がったら何も見えなくなりますが、
この家は上質のヒバの木を使っています。

又、寄棟の隅の部分は扇を広げたような形になっていて、
見ての通り、扇タルキと言います。

IMG_4233.jpg


IMG_4248.jpg


IMG_4249.jpg






普通は隅の太い部材1本に全て荷重がかかりますが、
このタイプですと扇の1本1本にそれぞれ荷重がかかりますので、
何倍もしっかりした造りになっています。

珍しいものですから、同業者の人が声をかけたり、又道行く人もジーと見ておられます。

そして、外壁も今流行りのサイディングではなく、塗り壁になっていますので、
これもひと味違った雰囲気の家になります。

O様邸 建前

暖かくなって雨もよく降るようになりました。
ナタネ梅雨っていうのでしょうか?
今日も一日雨です。

昨日は市内で新築の建前がありました。
この日は、天気にも恵まれて大変良かったです。

IMG_4193.jpg


IMG_4201.jpg



又、珍しく「餅投げ」をしました。
餅投げをするのは、その家の「難」を拾って帰ってもらう、
という意味があると言われています。


完成は8月頃ですが、コロナウィルスの影響で
水回り商品が納期未定の状態ですので、
はっきりは分かりません。

どうかスムースに完成しますように。

新築現場

今年になって、市内に新築の現場ができています。

地鎮祭も終わり、杭打ち工事、基礎工事と進んでいます。

IMG_4045.jpg


IMG_4077.jpg


DSC_0000_BURST20200213100005938.jpg



以前は古いお宅が建っていましたが、すべて解体して次に買われて方の家ができます。
40坪少々の和風の家が建つ計画です。

倉敷、岡山の南部になると地盤の弱い所が多いのですが、この場所は比較的しっかりした地盤です。
昔は住宅で杭を打つ事はまれでしたが、今の時代は少しでも悪かったら打ちます。
私の今までの経験だと、杭はなくても絶対に大丈夫だと思います。

住宅も時代の進化とともに大きく様変わりしています。
今の家は耐震、断熱など性能をもっています。
コストは高くなりますが、快適なゆとりのある家が完成します。