FC2ブログ

職場体験

お久しぶりです!

台風10号は風がすごかったですね。
皆さん被害はなかったですか?
建築の仕事をしていると毎年、台風対策には手をとられて大変です。

お盆前の事ですが、親戚の子供(中1のK君)が、千葉から職場体験に来ました。
一年中で一番暑い、エアコンもない35°の現場は居るだけで大変ですが、
ゴミを拾ったり、ホ―キで掃いたりしていました。

resize0636.jpg



2日目は、カンナ削りをした後、事務所のスタッフに教えて貰って家の設計をしました。

resize0637_20190819144746840.jpg



わずか2日の体験でしたが、K君の心に感動があっただろうと思います。

高校生になっても何の仕事をしたらいいか分からない子も多い中で、なりたい職業が
ある事はとても素晴らしい事です。

今回の体験がK君の将来の実りにつながっていく事を願っています。
スポンサーサイト



広江M様邸完成

先日広江に新築が完成しました。

43坪、省令準耐火構造の造りとなっております。

黒の外観にタイル張りのテラス。 

resize0629.jpg



resize0634.jpg




玄関を入るとケヤキの大黒柱が印象的です。


resize0633_201908011110151c5.jpg

少し廊下を通ってLDKに入ると、天井に組まれた古材の梁が
白い壁にとても良く映えます。


resize0611_201908011110526dc.jpg


resize0612_20190801111142398.jpg




19帖の広さでキッチンの横には3帖の収納があります。
何でも棚に置けて一目瞭然。
とっても便利です。

resize0613_20190801111233814.jpg



令和第一号の記念の家になりました。
これからこの家で新しい生活が始まり、新しい家族ができます。

どうか健康で末永くお幸せに、ご家族様のご安泰を心からお祈りします。

月下美人

現場がバタバタで久々のブログです。

私の妻は、花が好きで色々な花を育てています。
中でも月下美人というなかなか咲かない花があります。
数年に1回、それも夜中にわずか数時間程。
何とはかない命なんでしょうか。
それが、夕べうちのベランダで見事に可憐な大きな花が咲きました。

resize0608_201907120912100f2.jpg

resize0609_20190712091249a58.jpg





昔、隣の奥さんに教えてあげたら、パジャマ着で見に来られた事がありました。
また、咲いた花を切ってアルコール漬けにしていた人もいました。
花も色々ですね。
何週間も咲いているのは、確かカサブランカでした。

ふと思えば、人間の人生も似たよな気がします。
見事に咲いたと思うと、ほんのわずかで散る人。
さほで綺麗ではないが、いつまでも咲き誇る人。

一度だけの人生です。
地味でいい。小さくてもいい。
花の絶えない一生を勝ち取って生きたいものです。

GW

今年は特別に長~い10日間のGWでした。
今日から令和の本格的スタートってとこですね。

皆さんはどのように過ごされたのでしょうか?

前原建設の大工さん達は、後半の3、4、5、6日と休んで思い思いの連休を楽しんできました。
私は3日の日に孫達と8人連れで、高梁に手打ちそばを食べに行きました。

松原町の山の上で、標高450Mの素晴らしい眺めの所です。
松山城を眼下にして、遠くは美星町が見えたりします。
季節によると雲海の素晴らしいのが見えるそうです。

resize0603_201905070913033bf.jpg


resize0604_20190507092522058.jpg

そして、そばの味はと言うと白っぽい麺でモチモチ感があって、とってもおいしかったです。
オーナーの東さん!御馳走様でした。


resize0602_20190507091228313.jpg


また行きたいです。

晋山式

先日、高梁にある曹洞宗のお寺で晋山式という式典が行われました。
幸いに天に抜けるような好天に恵まれて、最高でした。

resize0601_20190425140254af5.jpg


これは寺の住職が新しく就任した時に行う儀式で歌舞伎などの世界でいうと、
襲名披露になります。


resize0596_201904251358100b7.jpg

かわいい稚児行列に続いて新住職がお寺に入ってきます。
他のお寺から来られた34人の住職に迎えられて、おごそかに行われました。

resize0598_20190425135902a04.jpg


resize0599_2019042513592138f.jpg


私たち檀家にとりましても若い男前の住職を迎える事ができて、
大変頼もしく元気づけられる気持ちになります。


resize0600_2019042513594284e.jpg


今後も益々お寺、檀家共に栄える事を祈念するところです。